北千住 の居酒屋
居酒屋ごっつり
北千住の居酒屋ごっつりへようこそ♪
居酒屋ごっつりは八戸前沖さばの東京地区PRショップに選ばれました♪
北千住居酒屋ごっつり
居酒屋ごっつりコンテンツ 居酒屋ごっつりとは
▼コンテンツ
居酒屋ごっつりメニュー
居酒屋ごっつりメニュー
居酒屋ごっつり飲みもの
居酒屋ごっつり店舗情報
居酒屋ごっつり自慢
居酒屋ごっつり地図
居酒屋ごっつり予約
居酒屋ごっつりへようこそ!

居酒屋ごっつり人気ランキング
 
居酒屋ごっつりランキング1位
居酒屋ごっつりランキング2位
居酒屋ごっつりランキング3位
居酒屋ごっつりランキング4位
居酒屋ごっつりランキング5位
居酒屋ごっつりランキング6位
居酒屋ごっつりランキング7位
居酒屋ごっつりランキング8位
居酒屋ごっつりランキング9位
居酒屋ごっつりランキング10位
立ち飲み屋ごっつり人気ランキング1

居酒屋ごっつりは、北千住駅「東口」を出て徒歩30歩のところ♪ 駅をでると建物は目に入る距離にありますので、迷うことはありません。(地図ページ参照) 営業時間はPM4:00から24:00(月〜土)、日曜日だけはPM2:00から22:00。1Fは立ち飲みスタイル、2Fはテーブル座席スタイルで楽しめる、串焼き料理とサバ料理専門の居酒屋です。お店が混んでいて入店できなかったお客様のために、2F席に限り予約を始めました。北千住で呑む機会がありましたら是非、東京下町のレトロな雰囲気で、ごっつりオリジナルのこだわり料理を堪能ください♪

店構え
居酒屋ごっつりの店構えは、古き良き時代 「昭和」 そのもの♪ 懐かしい感じを醸し出しております。ちなみに「ごっつり」とは南部弁(青森弁、東北弁)で、喜び満足気な笑顔や表情を意味します。出会う全てのお客様に「ごっつり」してもらえるよう毎日励んでおります!

南部弁「ごっつり」の使い方
「最後の最後に1点取ってぇ勝ったがど思ってごっつりしてらっきゃぁ
ロスタイムにPK取られで同点でひぎわげよ」
<<最後の最後に1点取って勝ったと思い喜んでいたらロスタイムに
PK取られて 同点で引き分けです>>
北千住居酒屋ごっつり店舗

 日本一の極上トロ鯖 『八戸前沖さば』  - 八戸前沖さばの東京地区PRショップ -
北千住居酒屋ごっつり名物1
八戸前沖さばが日本一な理由は、「ごっつり名物ページ」をご覧ください。ごっつりのさば料理は全て八戸前沖さばを使用しております。こんなに脂がのったさばは他にありませんヨ♪八戸前沖さばは数が多くないので、東京でも食べられるところは多くありません。「ごっつり」は東京でも八戸前沖さばが楽しめる数少ない店の一つなのです。(都内唯一の青森県外PRショップ認定店) 毎日数量限定で販売しておりますので、ご来店の際には、早めにオーダーすることをおすすめいたします。(特にさば刺身は早い時間帯に売り切れする場合があります)
 全て 『今朝〆のホルモン』 を使用
北千住居酒屋ごっつり名物2
「ごっつり」のこだわりホルモンは、全て当日に〆た新鮮なものだけ! これはホルモン好きな「ごっつり」オーナーのこだわりの一つです。 「ごっつり」では沢山の新鮮なホルモン刺身、ホルモン串焼き、ホルモン網焼きをご用意しております。売り切れ御免なのでお早めに!
ホルモン刺身 :「レバ刺し」「ガツ刺し」「ハツ刺し」「タン刺し」「コブクロ刺し」
ホルモン串焼き:「タンモト」「レバー」「タン」「ハツ」「シロ」「カシラ」「テッポウ」「コブクロ」
ごっつりで人気のホルモン料理はコチラ
 毎日こだわりの 『手仕込み』
北千住居酒屋ごっつり仕込み
大手チェーンがハバをきかせている日本。。。どこにいっても同じような味ばかりで味気ない!だから「ごっつり」では、「ごっつり」にしかできない料理にこだわっております! 朝一番で仕入れてきた新鮮な素材を、全てその日に「手」で仕込んでいます。店のオープン時間16:00まで、ひたすら仕込んでいます。もちろん料理も全て手作り。焼き物はオーダーが入ってから焼き上げるので、少しお時間はかかってしまいますが、電子レンジ調理には負けません。

炭火焼ごっつり
青森料理の専門居酒屋

駅前市場
南千住の居酒屋

株式会社ごっつり
株式会社ごっつり
立ち飲み屋とは
立ち飲み屋の歴史: もともと日本においては、酒屋の店頭で小銭を払って酒を立ち飲みするのは、江戸時代から昭和初期に至るまで、酒類の最も一般的な消費形態であった。それが1943年(昭和18年)太平洋戦争下の日本で酒類が配給制となることで途絶した。戦後、闇市などで非合法に復活したが、合法的に再生したのは1949年(昭和24年))の酒類販売自由化によってである。高度成長期に一時すたれかけたが、昭和へのレトロ趣味と、経済的に多くの銘柄が味わえる利点などから、2004年(平成16年)以降都市部で、立ち飲み居酒屋はアンテナショップをかねて再び増加しつつある。
立ち飲み屋にも『Wikipedia』によると、2つのタイプ(型)がある。@酒屋併設型 (酒の小売店としての「酒屋」に併設された立ち飲みスペースのこと)A小規模飲食店 (いわゆる「スタンド居酒屋」とか「立ち飲み屋」と呼ばれる店)
「ごっつり」は『小規模飲食店』型に分類されるので、小規模飲食店型の立ち飲みについて書いていきたいと思う。 小規模飲食店型店の構造は、効率的に利用するための使い方を前提としており、基本的にはカウンターと厨房のみの店舗形態である。店によっては壁にもカウンターを設けていたり、簡単なテーブルや椅子が設置されていたりする場合もある。(ちなみに『ごっつり』の2階は全てテーブルと椅子が設置されており、座りながらのんびり呑むことができる) 基本的に客はカウンターで注文を取り、その場で飲食する。代金も、商品と交換で、その場で支払うことが多い(キャッシュ・オン・デリバリー)が、『ごっつり』では普通の居酒屋と同じで伝票に控えておいて最後に支払いをする。
北千住居酒屋ごっつり店構え
飲み物はビールと旧二級酒、ウイスキー、焼酎などが主力だが、最近では酒の品揃えに力を入れているところも出てきている。つまみはおでんや焼き物、乾き物、冷奴などの簡単な物が多いが、最近では結構手間をかけた物を置いているところもある。 『ごっつり』も味にはこだわっている立ち飲み屋のひとつである。八戸産の沖前さばの県外PRショップ認定第2号店であり、 今朝〆のホルモン料理などを提供している。 基本的に立ち飲み屋は薄利多売の所が多く、値段も安いのが特徴。 最近では全品一律料金の店舗なども勢いがある。
●立ち飲み用語: ダークダックス
大阪では客に半身の姿勢をとって、できるだけ詰めて飲食するよう店から要請される。これも店内スペースの効率化であるが、いならぶ客がそろって半身に構えるスタイルをダークダックスと、愛好者同士で揶揄しあう。
●立ち飲み用語: 角打ち北九州地方では、酒屋で立ち飲みすることを「角打ち」と言っている。

Copyright (C) ごっつり. All Rights Reserved.